ホームページ制作で売上倍増|不動産業界のインターネット利用法

マーケティングを活用

WEB検索

近年、WEB広告で主流になっているのがDMPです。ビジネスにWEBマーケティングを取り入れたいと考えている担当者は、一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。DMPとは、「デジタル マネージメント プラットフォーム」の頭文字を略したものです。どういうものか簡単に説明すると、インターネットに蓄積した情報やデーターを管理するプラットフォームです。つまり、これを利用することで、ユーザーが今何に関心を持っているのか、どんなことに興味があるのかを知ることが出来ます。ユーザーの情報を企業独自でマーケティングしたデータと組み合わせてビジネスに活用することができるのです。

現在、デジタルマネージメントプラットフォームは大きくわけると2つに分類することが出来ます。オープンDMPとプライベートDMPの2つです。ユーザーのインターネット上の行動、WEBサイトの閲覧履歴や検索している単語、さらにはユーザーの年齢や性別、住んでいる地域など多くの情報を蓄積して管理しているプラットフォームが、オープンDMPと呼ばれるものです。沢山の企業が提供している情報を管理できるため、一社だけでは把握出来ない様々な情報を取得することが可能となります。ですから、自社のビシネスモデルに合わせて有効活用することができます。それに対して、プライベートDMPとは、自社独自に収集して保有・管理しているWEBマーケティングの情報やデータを外部のデータと組み合わせて蓄積や管理を行なうプラットフォームです。行動履歴や興味関心、顧客データーを利用するため、ユーザーに最適なWEB広告やWEBマーケティングが可能となります。